地震 予知 予言 2018

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

最新の地震予知・予言をまとめたら2018年の日本がヤバいことに気づいた・・・

地震 予知 予言 2018 最新 まとめ

 

来るぞ来るぞ!と言われている南海トラフ巨大地震をはじめ、
今年も大地震への不安が消えない日本列島。

 

2018年は早速2月に台湾で最大震度7(マグニチュード6.4)の震災が発生しましたね。

 

日本各地の2018年最新地震予知・予言情報をまとめてみました。

また、国土交通省による南海トラフ地震や首都直下地震に対する最新の発表も調査してみました。

 

メガバンクの100倍金利が高い貯金におすすめのネット銀行

 

 

 

2018年の日本における地震予知している人まとめ(日時順)

他にもたくさん地震予言をしている人はいると思うのですが、
今調べた情報でまとめておきたいと思います。

 

また新しい情報が入りましたら追記していきます。
(ほかの地震予測知ってるぜ!という方がいらっしゃいましたらコメントください)

 

 

2018年4月

フォーカス21:南海トラフ地震が起こる

 

→ 起こりませんでした。

 

 

2018年5月

岡本天明:自然災害を含んだ大事件が起こる可能性がある

 

→ 起こりませんでした。

 

 

>> 楽天証券の口座開設をすると日経新聞が無料で読めるようになる!?

 

 

2018年6月

  • 未来人2075:2018年6月6日 日本海でM8.0の地震を予言
  • ブラジルのジュセリーノ:2018年6月に東海地方でM10.6の大地震を予知

 

→ 6/17 群馬地震

→ 6/18 大阪地震

→ 6/21!?

 

→ 起こりませんでした。

 

 

>> 今こそコレで稼ごう!!

 

2018年7月

  • エドガーケイシー:日本沈没を予言!!
  • ゲリー・ボーネル:2018年の7月22日に富士山の噴火を予言(地震も連動!?)

 

→ 起こりませんでした。

 

 

2018年8月?

ジョー・マクモニーグル:2018年夏の終わりごろに、東京都から西側40キロのあたりで震度6の地震を予言

 

 

2018年9月

岡本天明:自然災害を含んだ大事件が起こる可能性がある

 

 

2018年10月

岡本天明:自然災害を含んだ大事件が起こる可能性がある

 

 

2018年11月

今のところ情報なし

 

 

2018年12月

2047年未来人:2018年12月9日 マグニチュード8.5の地震が東海地方沖を襲うと予言

 


金剛筋

>> 南海トラフ地震に関する必ず見ておくべき動画

 

 

 

2018年他にも予言される噂・・・

日本国内における大地震は、
国家レベルで警戒しているところからも分かるように
南海トラフ地震や首都直下型地震はいつ起こってもおかしくないんですよね?

 

上で紹介した地震予知に関しても、
2018年4月以降という意味では11月以外どの月でも地震予言されとるがな・・・

 

いやー

日本列島はお先が真っ暗ですな・・・という風に考える必要もないと思います。

 

すべての予言が当たるわけではありませんし、

災害が起こったとしても、起こった時にどのように対応するか?それを検討していれば
大きく災害後の結果は変わってくるでしょう。

 

 

で、

話を元に戻して
上記で挙げた以外に2018年起こるかも?と予測されているのが・・・

 

『伊豆小笠原諸島スーパー巨大地震』になります。

 

こちらは、
地震予知でよく知られている木村政昭さんからの情報でして2012年から±5年以内ですから、
すでに限界点に到達しているということになります。

 

つまり今起こっても不思議ではないということ。

 

 

また、

富士山噴火に関しては2014年の±5年。

日向灘地震に関しても2014±5年

 

 

 

2018年2月6日には、
台湾東部でマグニチュード6.4の地震が発生し、
日本でも阿部寛さんが1000万円の寄付をしたことで話題になりましたが
専門家の間では、この地震は南海トラフ地震の前兆だという噂も広がっているようです。

 

 

ということで、

2018年は2017年よりもより一層警戒しながらも、

一日一日に幸せを感じながら大事にしながら精いっぱい生きていきましょうね!

 

 

参考データ:東京都内で震災が起きた時に危険な地域

まさにタイトルのままですが、
東京都内での危険度水準が高い順に紹介したいと思います。

 

  1. 荒川区 町屋4丁目
  2. 足立区 千住 柳町
  3. 荒川区 荒川6丁目
  4. 足立区 千住 大川町
  5. 墨田区 墨田3丁目
  6. 北区 志茂4丁目
  7. 墨田区 京島2丁目
  8. 江東区 北砂4丁目
  9. 大田区 羽田6丁目
  10. 足立区 千住 元町
  11. 足立区 柳原2丁目
  12. 墨田区 押上3丁目
  13. 墨田区 東向島1丁目
  14. 大田区 羽田3丁目
  15. 墨田区 八広3丁目
  16. 江東区 北砂3丁目
  17. 足立区 千住 龍田町
  18. 北区 志茂5丁目
  19. 荒川区 荒川3丁目
  20. 足立区 関原2丁目

 

 

 

上記地名を見ていただくと分かるのですが、

圧倒的に荒川区とか足立区とか墨田区が多いんですよね。

 

これ、

結論から言ってしまいますと

築古の木造物件が集まっていて

密閉度合いも高く、地盤も緩い。そういう地域が多いのだとか。

 

道路が狭いことによるデメリットとして、

実際に災害が起こった時に、救急車や消防車の到着が遅れる・・・というリスクがあります。

 

この話は、

東京都に限らず日本全国に言えることだと思いますので

今一度地盤を調べてみたり、消防車が通れる道路幅があるのか?など確認しておいたほうがいいかと思います。

 

>> メガバンクに預金し続けたら毎日、損してるのご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防災   コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. 嶋田正廣 より:

    近未来に発生する巨大地震を予知するには?
       日本政府と地震学者の使命。(首都直下地震)
         特許・近距離直下型地震予知システム取得者
                嶋田正廣の提言。

     計測機器を使用して、首都圏で発生が予測される巨大地震発生タイミングを、電車を停車させる目的で2~3日前には予知できる性能を有し、地震発生場所を特定可能・規模を特定可能、計測機器への音の到達時間差で地震発生断層を事前にパソコン地図画面に表示できる地震予知システムが有ります。
    巨大地震発生前に逃げ出す野生動物と同じ様に都民も避難できます。
    井戸・穴の底で地鳴りを聞き事前に(地震発生前)逃げ出した井戸掘り職人と同様に、関東で発生する巨大地震の前に都民が避難できます。
    首都圏の鉄道で巨大地震発生前に電車を止め、脱線転覆事故を阻止します。
    政府や地震学者が取り組む意思が無い時には表明下されば、私自身が資金集めから計測機器の設置、データの公開と監視を行います。

    過去の巨大地震からのデータ分析により、1ヘルツからの
    低周波音の計測で、巨大地震前兆現象を把握・確認。

     多くの巨大地震発生時にその前兆現象として動物の宏観異常現象が報告されており、陸上では蛙・ネズミ・蛇・蟻・ミミズの異常行動が報告されています(地表面が一番振動する為)、海でも小魚やイルカやクジラの異常行動が報告されています、巨大地震前兆現象で地下岩盤断層から海水中や陸上で同じ要因による、同じ異常行動が生物に起きています。音・低周波音による生物の死の恐怖です、本能的に低周波振動音は体の大きさを感じさせ飲み込まれる死の恐怖を与えます、クジラの食事方法バブルネットフィーディングでは泡と同時に音を出し(イギリスBBC放送)、小魚を追い込み・囲い込み下から大口を開けて海面で捕食します、同様にイルカも声・音を出して小魚を捕食します。
    ペルーヤナチャガ・チェミレン国立公園内の動体検知カメラのビデオ映像の解析で、科学的に動物に地震予知が実行でき事前避難が出来る事は証明されました、同じ事が日本の江戸では人間にも出来ています、ペルーでの動物移動はオゾン・空気中の陽イオンの関与が示唆されているが、江戸の井戸掘り職人が井戸・穴の底で地鳴りを聞き薄気味悪くなり(土砂崩れによる死の恐怖)仕事を切り上げて避難した翌日に安政江戸地震が発生し、大正関東地震発生前にも地鳴りを聞きながら仕事をしていた井戸掘り職人が地震発生1時間前に生死を考えるほどの音量(デシベル数値のアップ)で仕事を止めて地底から避難した事が報告されています、陽イオンが海水中で小魚に死の恐怖を与える程のパワーは無いと考えます。低周波振動音は津波と同様に太平洋の対岸まで届き小魚に死の恐怖を与えます。

    東北地方太平洋沖地震発生3日前に、太平洋の対岸ロスアンゼルス・キングハーバーで数百万匹の小魚が湾の奥で酸欠死した様に、大正関東地震発生前に海沿いの多くの場所でカニが陸上に上がって来た様に、死ぬより怖い思いをしての行動だと感じます、阪神淡路大震災発生前に地鳴りを聞いたとの報告も数多く有り、瀬戸内海では地震発生前に海底に住む魚が浮き上がり、水中で暮らすタコやカニが陸上に上がってきた情報を、明石の漁民に直接取材しました、海底(個体)から水中(液体)より陸上(気体)へ避難したのは低周波振動音から逃げだした生物の本能だと考えています。
    中国海城地震発生前に冬眠中の蛇が地上で凍死していたとの情報も、低周波振動音での死の恐怖を感じての行動だと考えます。

    巨大地震の前兆現象・地鳴りが発生した地震。

     地震の初期微動P波とは異なる地鳴りによって、江戸の井戸掘り職人は地震予知に成功し事前避難が出来ました、井戸・穴の底で自然音や人工音を排除でき、土砂崩れによる生き埋めでの死の恐怖を体感、それによる他所での死亡事故の知識も有り、速やかな避難が判断できたと感じます。
    1828年2月18日 三条地震発生(M6.9) 3時間ほど前から地鳴り。
    1872年3月14日 浜田地震発生(M7.1) 5日前から西方に地鳴り。
    1854年6月15日 安政伊賀地震発生(M7以上)3日前から地鳴り。
    1923年9月1日 大正関東地震発生(M7.9)長期間の地鳴り報告有り。
    1930年11月26日 北伊豆地震発生(M7.3) 地鳴りの報告有り。
    1995年1月17日 兵庫県南部地震発生(M7.3) 1時間前に地鳴り。
    1995年4月1日 新潟県北部地震発生(M6.0)2カ月前や数日前に地鳴り。
    【地鳴りから巨大地震発生の記録が多く残されています、音圧デシベルを計測記録する時代が来れば、地震予知や事前避難の可能性が見えてきます。

    1ヘルツからの低周波音の計測方法。

     巨大地震発生前の振動音とは 1ヘルツから25ヘルツ程度の、動物には聞こえても人間には聞こえない【不可聴低周波振動音】とそれ以上のヘルツで【地鳴り】と呼ばれますが、鳥取県や三重県や新潟県では地震発生3日前位から地鳴りの報告が有った地震が発生しており、大正関東地震ではかなり前から地鳴りの報告が有りました、現在それらを計測するには地下岩盤断層から放出された振動音限定で計測する必要が生じます、井戸の中・穴の底で(地鳴り・低周波振動音)を1Hzからの音を計測すると首都直下地震発生前の地鳴り音が計測出来、当時の井戸掘り職人と同じ様に巨大地震発生前に逃げ出せます。

    数多くの振動音測定器が発売されていますが、20ヘルツ以下の振動音は高性能マイクと同じで計測不能の製品も有ります、1ヘルツから測定する必要が有り高価ですが株式会社リオンの低周波音レベル計システム(4台セット)では測定可能で、10本の周波数ヘルツと音圧デシベル・時刻(秒)が波線グラフで画面上に表示されます、突然の異常増音が画面に表示され巨大地震の前兆現象が目視でき、広範囲に計測機器が設置されると、音源からの各計測機器への音の到達時間差で地震を引き起こす断層がパソコン地図画面上に浮かび出ます。
    【地震の振動レベルと低周波音。騒音・振動アーカイブ(測定事例集)〕
        株式会社 環境工房  測定事例File 058  より引用。 
    この画面を見た時、この計測機器で震予知が実現出来ると感じました。

    インターネット内での科学的な地震予知

    電子基準点の正確な隆起・沈下や横移動を計測、地殻変動で地震予知!
    電離層の変化やVLF電波の受信状態の変化で地震予知!
    ギリシャのVAN・地電位変化、微弱電流で地震予知!
    動物の異常行動で地震予知!
    スロースリップと地震計・震度計で地震予知!
    1ヘルツからの低周波音を計測して地震予知!

     1ヘルツから30ヘルツ位の・動物には聞こえても人間には聞こえない不可聴低周波振動音を計測記録して、地下岩盤断層から放出される音が異常に大きく成った時に巨大地震発生の前兆現象と把握し、1~2週間後に巨大地震発生を予測し、計測デシベルの増減の後、2~3日前には更なる音圧デシベルの上昇を確認、当日や地震発生の直前に計測デシベルの増加を記録、音圧デシベル波線グラフのピークで巨大地震が発生します。このシステムでは他の地震予知システムでは不可能な地震発生タイミングの予知が可能です、その科学的根拠は材料工学のアコースティックエミッションで、固体材料が変形・破壊する際に(地下岩盤が圧力を受け変形し・巨大地震発生時)音が出ているが、変形時の音と破壊時の音が存在し、岩盤や鉛筆など個体によって放出音量は大体一定に成り、鉛筆と木材の様に大きさでデシベル数も上昇するが予測可能です。
    地震規模の大きさで音圧デシベル数もおおきくなります。正確な数字は計測実績が必要ですが、データが蓄積される程に正確性は増します、最初の計測では動物園や水族館にも設置して、生物の宏観異常現象との比較も勧めます。

    日本政府や地震学者へのお願い。計測方法の統一

     人工音や自然音をノイズとして排除する目的で、浅い穴の中で地表面数センチで(株)リオンの低周波音レベル計を防音シートで円錐形に包み(内科医師の聴診器スタイル)深さを決めて、穴の底の地表面の計測をする、穴の上は防音シート等で蓋をする、24時間計測の最低デシベル数を計測地点の基礎数値と決定する。本格設置前に計測地点の地表でも同様に基礎数値を出しておき、地表1メータ程度の高さの音圧デシベル数も計測記録しておき、音量計測地点の大まかな数値も記録しておく。巨大地震発生の前兆現象の疑いが生じた時に周辺や近隣で詳細なデータ収集を行う目安にする為。

    嶋田正廣はこの文面と似た文章を、インターネット内で数多く発信しており、
    巨大地震が起きて数多くの人々が被災した後でも、いつかは人々の検証要求も高まり、特許・近距離地震予知システムでの地震予知の検証が実行されると確信しています、計測されれば真実は判明します。このシステムで地震予知に失敗しない為には、首都直下地震の前震を計測記録する必要が有り、南関東に10台程度の配備を希望しています。政府や地震学者が取り組まないと表明下されば私自身の手で資金集めから実行します、災害弱者のFBお友達の声を聴き、地震予知は絶対に首都直下地震や南海トラフ地震発生前に完成させるのが私の人生目標で使命だと感じています。
    株式会社リオンの低周波音レベル計システムで、地下岩盤の低周波音を計測記録するか、専門地震学者の信頼性を確保していないので取り組まないか表明下さい、私の手で実現させて見せます。 御連絡お待ちしています。

  2. 名無しさん より:

    5月の事件は日大タックル

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る