500円玉貯金箱 メリット デメリット 100万円

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

500円玉貯金箱の【メリットとデメリット】100万円貯めたいならコレ!

500円玉貯金箱 メリット デメリット 100万円

 

貯金をしよう!と考えられる人の多くが
一度は想像したことがあるであろう500円玉貯金!

 

今や100円均一などで手に入る500円玉貯金の貯金箱ですが
今回は500円玉貯金箱で100万円貯めるまでのメリット&デメリットを紹介します。

 

 

 

500円玉貯金をするメリットとは?

「よし!100万円貯めるぞ!」と
結婚資金の貯金や、海外旅行、趣味のために!と
人それぞれ目的のためにお金を貯めることを決意しますよね。

 

本来、
お金を貯めること自体は目的ではないので
その貯めたお金で何をするのか?が大事になってくるわけですが

何はともあれ貯金が無いと常にお金が心配になってしまいますので
貯金はあるに越したことはありません。

 

ということで、
500円玉貯金をするメリットについて紹介していきましょう。

 

 

1.お金を貯めることが楽しくなる

貯金が出来る人と出来ない人の最大の違いは、
貯金を習慣化出来ているか?ということだと思いますが
500円玉貯金の場合は、貯金箱の重さがドンドン重たくなるので
楽しみながら貯金が出来る点が特徴です。

 

それによって、
いつの間にか貯金を辞めてしまっていた!というような
モチベーションな切れてしまうことが少なくなります。

 

 

2.無駄遣いが減る

貯金を楽しむことが出来ると
買おうか買うまいか迷っている商品があったときに
「ココは買わないで貯金だ!」と節約思考になります。

 

それによって、
一段と無駄遣いが減る好循環のスパイラルに入ります。

 

 

3.目標を達成した時に達成感と成功体験が出来る

コレも意外と重要なのでは?と思うのですが、
目標の金額に到達して、いざ500円玉貯金箱を開ける時
何とも言えない達成感があります。

 

そしてこの達成感は、
何と言っても自分自身の自信になります。

 

小さな成功体験かもしれませんが、

この小さな体験が次に何かにチャレンジする時に
諦めない心を作り、より大きな目標達成に向け取り組むことが出来るのです。

 

 

 

ということで、
500円玉貯金をすることのメリットについてご紹介しましたが、
メリット同時にデメリットも存在していると考えています。

 

デメリットをいくつか紹介したいと思います。

 

 

 

五〇〇円玉貯金をするデメリットとは?

それでは、
500円玉貯金のデメリットを紹介していきます。

 

 

1.500円玉が欲しくてお札をドンドン使ってしまう

これは若干本末転倒なのですが、
500円玉貯金を始めると500円玉が欲しくて仕方なくなります。

 

これは、
実際に500円玉貯金をしたことがある人にしか分からない感覚ですが
ドンドン500円玉を手にして、ドンドン貯金を増やしたくなるのです。

 

それ故、
たとえ100円の買い物をしたとしても
すぐに1000円札を出して500円玉のお釣りを貰おうとしてしまいます。

 

これを繰り返してしまうので、
加速度的に財布からお札が減っていくのです。

 

 

2.使いたくなる欲求がハンパない

1円玉が100枚あっても金額にすると100円でしかありませんが、
500円玉が100枚あると5万円になります。

 

5万円もお金がある!と思うと、
家計がピンチなタイミングなどに

ちょっとだけだから!と手を付けたくなってしまいます。

 

1枚だけ・2枚だけ・・3枚だけ・・・と
止まらなくなってしまうわけです。

 

 

3.利息が1円もつかない

個人的には、
コレが500円玉貯金をおすすめしない最大の理由なのですが、
自宅で貯金箱にお金を貯めている限り、【利息】というものが1円も生まれません。

 

銀行にお金を預けていれば、
利息が生まれて預けたお金より少しだけお金が勝手に増えますが
貯金箱にお金を入れている限り、そんな魔法のようなことは起こりませんよね?

 

とは言え、
今は超低金利時代ですから
確かにメガバンクなどにお金を預けても金利0.001%とほぼゼロ状態なので
銀行に預ける意味があるのか?と言われれば微妙なところではあります。

 

ですが、
メガバンクの120倍金利が高い銀行が日本にあるのをご存知ですか?

 

お金を貯められる賢い人が知っている銀行口座をアナタも開設し
そちらでお金を貯めたほうが賢い選択だと思います。

 

一生懸命働かないと稼げないお金を
完全に合法的な利息という形で1円でも多く勝手に増やしましょう。

 

賢い人が活用している銀行口座については↓コチラ↓で詳しく解説しています。

 

>> 賢い人が密かに活用している高金利の銀行口座とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節約ツール   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る