銀行 金利 最高

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

金利を含め最高のパフォーマンスを発揮する銀行はココだ!

今回は、銀行 金利 最高 について書かせていただきます。

 

銀行 金利 最高

 

 

 

超低金利と言われる時代であっても、

ちょっとでも金利の高い銀行はどこかなぁー?と探したくなりますよね?

 

金利が最高に高い銀行に関しては、

キャンペーンなどもあり流動的にはなるのですが、

この記事では入出金手数料、振込手数料など銀行に関わるサービス全体を俯瞰し
普通預金の金利も含め最高の銀行はどこか?についてシェアしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

普通預金金利の最高だけを考えると、、、

 

2017年現在、

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行に代表されるメガバンクは、
普通預金金利が0.001%程度となっています。

 

これは、

税金など細かい点を無視すると

1年間100万円を預けると10円利息がつく計算になります。

 

もちろん、

ゼロであることよりは10円つくので良いのですが、

『100万円預けても10円かぁー』という思いもありますよね。

 

 

この記事では、

銀行を利用するということに関して、

大きな目で見た時にどこが最高か?についてシェアするわけですが
単純に普通預金の金利だけを見て最高の銀行はどこか?と言いますと、
イオン銀行になります。

 

NEXT>>> イオン銀行の普通預金金利はメガバンクの6倍に出来る!

 

 

イオン銀行は、

ある条件さえ満たせば

普通預金金利0.120%にすることが出来ます。

 

もちろん、

この0.120%という数字は凄いのですが、

自宅の近所にイオンまたはイオン系列のスーパーなどがないと
ちょっと使い勝手が悪いかな?という気もしています。

 

 

 

 

 

 

トータルで最高パフォーマンスの銀行は?

 

ということで、

単純に普通預金の金利を各銀行で比較すれば、

イオン銀行の普通預金が年利0.120%となるので
最高金利を叩き出してくれています。

 

しかし、

イオンに常設されているATMを利用することが出来れば

入出金手数料が無料となるのですが

 

コンビニATMなどを利用してしまうと、
たちまち入出金手数料が掛かってしまうわけです。

 

つまり、

どれだけ高い金利で預けられていても、

使い勝手が悪いと高い金利の意味が無くなってしまうわけです。

 

 

では、
トータルのパフォーマンスとして
どこの銀行が最高なのか?と言いますと、、、

 

 

住信SBIネット銀行』になるわけです。

 

 

 

住信SBIネット銀行の普通預金金利は、
SBI証券との連動口座になるハイブリッド預金口座を活用することで
年利0.100%を実現することが出来ます。

 

 

単純に、

普通預金としての金利だけを比較してしまうと、

イオン銀行の0.120%には負けてしまいますが

この住信SBIネット銀行には金利以外にも多くのメリットがあります。

 

 

というのも、

イオン銀行の場合、

入出金に利用出来る場所がイオンに限られ、

コンビニATMを利用することも出来ますが
多くは手数料を必要とする取引となってしまいます。

 

 

一方で、
住信SBIネット銀行に関しては、
セブン銀行であれば何回でも無料ですし
イーネットやローソンATMでも月に5回までは無料になります。

 

 

また、

凄いのが他行への振込手数料に関しても

月に3回まで無料になるので使い勝手が最高なわけです。

(※個人の場合であり法人はまた別です)

 

 

ということで、
銀行 金利 最高
について書かせていただきました!

 

 

>> イオン銀行の普通預金金利がめちゃくちゃ高い理由知ってる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節約テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る