主夫 超節約 レシピ 家族 食費 料理

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

金利の高い銀行はどこ?【定期預金より高金利な普通預金】タンス預金の意外なデメリット

金利の高い銀行はどこ 普通預金

 

「金利の高い銀行はどこなんだろう?」普通預金でも金利が高い銀行ってあるのかな?

 

この超低金利なご時世で年利5%も10%も付く銀行はないかもしれないけど、

ちょっとでも金利が高い銀行にお金を預けたい!それが本音ですよね。

 

ということで、

多くの日本人が貯め込んでいるタンス預金の実態と

普通預金にも関わらず定期預金以上の利子が受け取れる金融機関を紹介したいと思います。

 

 

タンス預金って本当は損してるって本当?

日本人って昔から『貯金が好き』って言われていますよね。

 

アナタも貯金通帳の増える金額を見ながらニヤニヤしたりしますか?

私は毎日のようにニヤニヤしています。

 

貯金と言っても、
銀行に預ける預金から自宅に現金で持っておくタンス預金までありますよね。

 

そして、

銀行に預ける預金に関しても

大きく分けると【普通預金】と【定期預金】があります。

 

 

貯金が大好きな日本人は、

投資という言葉を聞くと【投資=損失リスク】というイメージが脳内を駆け巡り

損失リスク(元本割れ/元本が減ってしまう)が怖くて手を出せない人が多いのが現実です。

 

確かに、

タンス預金をしておけば

元本が減る可能性はゼロですし

投資をすると元本割れする可能性は大いにあります。

 

 

ここで、

見方を変えて考えてみましょう。

 

 

タンス預金は減る可能性はありませんが(火事などが起これば別)

増える可能性もゼロです。

 

一方、

投資というのは、

対象が何であるにしても

減る可能性もありますが増える可能性もあります。

 

 

そして、

元本割れしてしまうのは耐えられないけど、

少しでも資産を増やしたい!!!という方でも多くは年利0.001%というほぼゼロ%の金利しかつかない銀行にお金を平気で預けています。

 

 

タンス預金や低金利の金融機関に預けておけば

確かに日本円としての金額は減ることはありませんが

本質的には価値が減っている事をご存知ですか?

 

 

日本の物価上昇率というものがありまして、

簡単に言えば、『モノの価格がどれくらい上昇したか?』というものです。

 

年度によって差はありますが、

低く見積もっても毎年1%前後の物価上昇をしています。

 

これはどういう事か?と言いますと、

去年まで100円で買えていたものが101円でしか買えなくなる。ということを意味します。

 

 

新聞の一面で

たまに『パン値上げ!』『トイレットペーパー値上げ!』などという話題を見かけませんか?

まさにコレです。

 

100円が101円だけであればそれほどインパクトが無いように感じるかもしれませんが、

100万円のものが101万円になってしまいます。

 

 

何が言いたいか?といいますと・・・

 

【タンス預金などで日本円としての金額が変わらなくても価値は確実に落ちている】ということです。

 

 

 

極端な例で考えてみましょう!

 

今手元に全財産10万円を持っていたとします。

これを全て現金でタンス預金しています。(投資はしていません)

 

今までは1個100円のパンを1000個買えた計算になります。

ですが、今年は物価上昇率が5%だったとするとパンは1個105円になります。

 

10万円で何個買えるか?というと・・・

10万円÷105円/個=952.38個

 

つまり、

952個。(1000個買えなくなっている!)

 

 

日本円としてタンス預金しているだけでは、

見た目の日本円としての金額は変わらないとしても

交換する価値としてはドンドン落ちている!!という事実は分かっていただけましたか?

 

でも投資は怖い!

そんなアナタのために

1円でも多く金額が増える【普通預金金利が高い銀行】を紹介したいと思います。

 

 

普通預金の金利が高い銀行はどこ?

結論から先にお伝えしてしまうと

現状最も簡単に金利の高い普通預金金利を受け取れるのは【イオン銀行】になります。

 

※ただし、普通にイオン銀行を開設しても年利0.001%になってしまいますので要注意!

 

 

では、

どのようにして高金利の普通預金口座をイオン銀行で開設するか?と言いますと・・・
イオンカードセレクトというイオングループが発行する無料のクレジットカードを発行するだけ。

 

【お申し込みはコチラから!】

(イオンカードセレクトのメリットをチェックしてみる)

イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△お得な内容を確認する△▲
 

 

 

この無料のクレカであるイオンカードセレクトを申し込むと

自動的にイオン銀行の口座も開設されます。

 

そして、

その自動的に開設されたイオン銀行の普通預金口座には

特別に普通預金金利0.100%というメガバンクより100倍高い金利が適用されます。

 

 

その辺の定期預金よりも高金利を
入出金自由の普通預金で実現できるのですから

申込みをしない理由がないですよね?

 

イオンカードセレクトは、
入会金も年会費も一切不要の無料で作れるクレジットカードですから、
今すぐ申し込みされることをオススメいたします。

 

▼▽▼▽▼▽▼

イオンカードセレクトの詳しいメリットをCHECKする

▲△▲△▲△▲

 

 

 

他にも高金利の銀行って無いの?

イオンカードセレクト経由のイオン銀行以外にも、

実は年利0.100%を受け取れる銀行は存在します。

 

それはどこか?と言いますと・・・

 

楽天市場で有名な楽天グループが運営する【楽天銀行】になります。

 

ただし、

こちらはちょっと設定が面倒でして、

楽天銀行の口座開設をした上で楽天証券も口座開設をして

その上で、開設した楽天銀行と楽天証券を紐付ける作業が必要になります。

 

この作業をすることをマネーブリッジと楽天では呼んでいるわけですが

このマネーブリッジを実現することで普通預金の金利をイオン銀行の0.100%と同率にすることは可能です。

 

 

ですので、

まずはイオンカードセレクト経由のイオン銀行を開設した上で、

更に余裕がある人は楽天銀行と楽天証券を開設し口座連携をさせてみると良いでしょう。

 

 

※ちなみに私は両方共金利0.100%になるように設定して日々活用させていただいております。

 

【お申し込みはコチラから!】

(イオンカードセレクトのメリットをチェックしてみる)

イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△お得な内容を確認する△▲
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イオンカード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る