主夫 超節約 レシピ 家族 食費 料理

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

足立の花火【2016以降も必見!誰もおすすめしていない穴場スポット/場所】汗をかかずに鑑賞しよう!

今回は、足立の花火 2016おすすめ 場所 穴場 スポット について書かせていただきます。

 

足立の花火 2016おすすめ 場所 穴場 スポット

 

 

 

約100年の歴史を持ち、

第38回を迎える足立の花火大会は2016年7月23日(土)荒川の河川敷で
約13,500発の花火が打ち上げられます。

 

この記事では、

人・人・人でごった返す荒川の河川敷以外にも

足立の花火大会を見ることができるおすすめの場所は?と題しまして

花火大会を堪能するための穴場スポットを紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

2016年足立の花火大会!誰もがおすすめしている王道鑑賞スポットはココ

 

第38回を迎える2016年足立の花火大会ですが、

誰もが一番気になるのは、当日の天気ですよね~!

 

荒天の場合は、

花火大会自体が中止になってしまうので、

その辺が怪しそうな時は電話で確認しましょう。

 

確認用電話番号:03-3880-5853

 

 

他のサイトを見てみると、

荒天時は翌日の2016年7月24日(日曜日)に順延する。というような表記もありますけど、

公式サイトをみると順延ではなく安達の花火大会自体が中止になるようですのでお間違いなく。

 

他にも、

花火は12000発だと言っていたり(本当は13500発です)

 

おそらく、

2015年以前の情報を元に

適当な予測で情報を発信してしまっているのかと思いますが、

夏のスタートを告げる足立の花火大会はものすごい数の観客が押し寄せるため

700人体制で警備員を配置しているわけです。

 

アルバイトの人も含まれるわけですが、

この700人の警備員をそっくりそのまま翌日に順延することが難しいんです。

 

つまり、

警備体制が万全に敷けないため

荒天で2016年7月23日土曜日の花火大会が中止になった場合は、

翌日、日曜日に打ち上げることはせずに、そのまま2016年大会は中止。ということになります。

 

ココ他のサイト適当に書いていたりしますので注意ですよ!

 

 

さてさて、

話が長くなりましたが、

第38回足立は2016年7月23日(土)午後7:30〜午後8:30までの60分。

 

足立名物のナイアガラなどを中心に、

13,500発打ち上げられるわけです。

 

 

荒川の河川敷で開催されるわけですが、

花火が打ち上げられる場所は千住側です。

 

 

2016年の足立区花火大会を堪能するために、

王道スポットして紹介されているのは・・・

 

  1. 尾竹橋通りの西新井橋近く河川敷
  2. 扇橋大橋・西新井駅付近の河川敷
  3. 荒川河川敷運動公園(運動野球場周辺)
  4. 荒川西新井橋緑地
  5. 千住新橋グラウンド周辺
  6. 荒川江北橋緑地
  7. 扇大橋周辺
  8. 善立寺

 

上記のスポットが

色々なサイトで紹介されていますね。

 

 

とは言え、

王道ではなく

汗をかかずに涼し気な場所で

彼女との愛を深めながら・・・

家族で楽しくワイワイ言い合いながら・・・

 

汗だくで帰り道のことばかり考えながら、

花火鑑賞するのはゴメンでしょ!ということで

需要があるかわかりませんが、汗のかかない足立の花火大会鑑賞スポットを紹介しましょう!

 

 

 

スポンサーリンク
 

スポンサードリンク
 

 

2016年以降の2017年などに本領発揮!足立区花火大会で穴場の鑑賞スポットはココ!

 

えぇー、
汗をかかずに涼しく安達の花火鑑賞というのは、
ズバリ!!答えを言ってしまうと・・・

 

 

 

ホテルやレストランで
食事や宿泊を楽しみながら花火を独り占めしよう!というプランです。

 

これって、

意外と知られていませんが、

この花火大会を鑑賞出来る近辺のホテルでは

集客のためにプランを組んでいたりするのです。

 

 

ということで、

すべてではありませんが

いくつかピックアップしてご紹介したいと思います!

 

その前に、

2015年の足立区花火大会をご覧に入れましょう!

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

2016年も中止にならず

無事に開催されることを祈る第38回開催。

 

 

それでは、

おすすめの鑑賞スポット〜ホテル&レストラン編〜を行きましょう!

 

 

1.東京芸術センター20F レストラン タピルージュ

 

レストラン タピルージュでコース料理を楽しんだ後

そのまま20階にある特別観賞用ラウンジに移動して

ドリンクを飲みながらゆったりとした時間とともに

特別席で足立の花火大会を楽しみましょう。

 

要予約ですので、

2016年はどうかわかりませんが

2017年の足立の花火大会でも実施されることは間違いないでしょうから

今から頭に入れて予約の準備をしておきましょう!

 

 

 

2. ホテルココ・グラン北千住

 

東京のハイクラスビジネスホテルとして知られるホテルココ・グラン北千住。

北千住駅からは徒歩2分と足立の花火大会を見るには絶好のポイントなのです。

 

ということで、

こちらも2017年の足立の花火大会に向けて準備しておいてはいかがでしょうか?

 

 

3.レストランさくら

 

東京都足立区千住5丁目に位置するレストランさくらは、

生涯学習センター7階に位置しているため、実は花火大会には絶好のポジション。

 

実際に、

足立の花火大会当日は、

鑑賞予約を実施していまして

大人1万円でお食事&フリードリンク。

小学生以下5000円。5歳以下無料というプランを予約募集しておりました。

 

こちらもかなり人気なようなので

可能なのであれば2017年の花火大会ですね!

 

 

 

4.食幹(東京スカイツリータウン30階・ソラマチ店)

 

こちらも意外と知られていませんが、

先着18名限定で募集されている食幹で楽しむ和食・豪華フルコース&飲み放題付きの特別プラン。

 

窓際の特別鑑賞席が用意されるということで人気があるようですが、

こちらは荒川の河川敷からは5キロほど離れているので目の前で花火が!ということではありませんが

カップルなどには十分なのではないでしょうか?

 

 

他にもいくつかあるのですが、

今回はこれくらいにしておきましょう!

 

 

最後に・・・

 

2016年足立区の花火大会ですが、
オープニングでは事前にリクエストを募集し

一番人気があった曲に合わせて花火が打ち上がり

 

威風堂々をバックミュージックに、

迫力のある最後のグランドフィーナーレ打ち上げ花火は見逃せませんよ!

 

ということで、

2016年だけでなく

2017年以降も汗のかかないおすすめ穴場スポットがありましたら

こっそり紹介しますのでお見逃しなく!

 

予約はお早めに!

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

スポンサードリンク
 

 

 

ということで、
足立の花火 2016おすすめ 場所 穴場 スポット
について書かせていただきました!

 

 

【あわせて今すぐ読んでおくべき記事】

 

イオン共通ポイント【WAONPOINTとは何か?解説】お得にポイントを獲得するために

 

WAONカード【無料の作り方】とお得な活用法を徹底解説!

 

 

 

花火大会最新情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る