貯金 口座 やりくり

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

貯金を成功させるための実践的口座のやりくり法はコレだ!

今回は、貯金 口座 やりくり について書かせていただきます。

 

貯金 口座 やりくり

 

 

 

貯金をしたいけど上手くいかない!という人が多いようですが
前回の記事で貯金用を含め口座は4つに分けよう!という話をしました。

 

今回の記事では
実際に銀行口座を分けて貯金をしていくに当たって
どのように4つの口座をやりくりしていくのか?

 

細かいやりくりまで
実践的にシェアしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

4つの銀行口座について

 

貯金をしていくにあたって
おすすめしている口座の分け方は
4つの口座に分けて管理するという手法です。

 

 

4つというのは、、、

以下の切り口で分けることをおすすめしていました。

 

 

  1. 収入/短期支出用(=生活口座)
  2. 緊急支出/長期支出
  3. 貯蓄用(=貯金)
  4. 資産運用

 

 

それでは
この4つの切り口で
実際にどのようにお金をやりくりしていき
貯金を増やしていくのか?という点について
シェアしていきましょう。

 

 

 

 

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

 

貯金を確実に作るために重要なポイント

 

『貯金をしたい!』と多くの人が思っていますが
実際に着実かつ確実に銀行口座のお金を増やすことが出来ている人は多くありません。

 

理由は明白なのですが、
ある致命的なミスをしてしまっている事が原因なのです。

 

それは、、、

 

【残ったお金で貯金をしようとしていること】

 

 

これは非常に重要なポイントなのですが、

会社から振り込まれた給料に対し食費やカードの支払いなど
1ヶ月に必要なお金を先に支払い、

 

その後、

残っているお金を貯金に回そう!と考えます。

 

 

さて、

はたしてお金は余っているでしょうか?

これで口座に貯金をすることは出来るでしょうか?

 

 

答えから言うと、
ほとんどの人はこのやり方で毎月のお金のやりくりをしていますが
これでは貯金を作ることは出来ません。

 

 

人間というのはそんなに賢い動物ではないのです。

 

『いや、自分だけは特別な存在だから絶対に出来る!』と思うのであれば
独自の方法を実践してお金を貯めて下さい。

 

 

今までの人生で貯金を作ることが出来なかったから
なんとか口座に貯金をつくるやりくりの方法をしりたい!というのであれば
是非ココでおすすめしている実践方法を素直に取り入れてみてください。

 

 

では、

どうすれば貯金は増えるのか?というと、、、

 

【先に貯金を作ってしまう!】

 

という1点に尽きます。

 

 

 

具体例に入っていきましょう。

 

例えば、
アナタが手取り30万円のサラリーマンであるのであれば、
あらかじめ決めた毎月の貯金額を最優先で貯金用口座に取り分けます。

 

別の記事で詳しく手取りに対する理想的な配分などについてはシェアしますが
ざっくり手取りの15%~20%くらいは貯金出来ると思います。

 

仮にココでは20%とすると、

給料振込口座に30万円が振り込まれた瞬間に
20%に当たる6万円を貯金用口座に取り分けてしまいます。

 

実質的に、
アナタの手取りは24万円ということにして
1ヶ月の生活を成り立たせればよいのです。

 

 

逆に、

1ヶ月の生活費が高額過ぎて
6万円も貯蓄に回すことが出来ない!ということであれば
何らかの費用の見直しが必要かもしれないですし
ちょっとライフスタイルに問題が生じている可能性があります。

 

要は、
貯金することを考える前に
支出の見直しをした方が良いかと思います。

 

 

 

とにもかくにも
貯金を作りたい!ということであれば、

何よりも先に貯金を作ってしまうことが一番のポイントです!

 

 

普通の人は、

意思の力はそれほど強くはありません。

 

なので、
『絶対に使わないぞ!』と思っても
銀行口座にお金があれば何となく気持ちが緩んだり
使ってしまう誘惑に負けてしまうわけです。

 

 

ということで、

意思の力は信用せずに
先に貯金口座にお金を移動してしまうことで
半強制的に使えなくしてしまうことが効果的です。

 

 

 

 

貯金は無意識で作る

 

それではより実践的なお金の流れに入っていきましょう。

 

  1. 収入/短期支出用(=生活口座)
  2. 緊急支出/長期支出
  3. 貯蓄用(=貯金)
  4. 資産運用

 

 

上記4つの銀行口座に分けることをおすすめしてきていますが、
お金を貯める優先順位としても、1 ⇒ 2 ⇒ 3 ⇒ 4 となります。

 

 

それぞれの口座には、

どれくらいのお金を貯蓄しておくべきか?という点については
別の記事でシェアしますのでここではお金の流れについてシェアします。

 

 

重要なポイントは、

上でもシェアした『何よりも先に貯金口座にお金を分ける』というポイントと共に
お金に流れを作るということになります。

 

 

どういう事?と言いますと、
毎月毎月口座に振り込まれた給料を眺めながら
どのようにお金を振り分けようか?と考えるのではなく
無意識レベルでお金を振り分けられるように仕組み化してしまうのです。

 

 

 

1.収入/短期支出用口座(生活口座)について

ココは、
給料など収入の入口になります。

 

お金を増やす口座ではなく、
収入の入口的役割と1ヶ月以内の支出に対応する窓口となります。

 

具体的には、

 

  • クレジットカードの支払い口座
  • 口座振替の対応口座
  • 保険の支払い口座
  • 年金の支払い口座

 

などなど
毎月支払が生じるものは、

基本的にココの口座から出すようにします。

 

 

2.緊急支出/長期支出

緊急支出とは文字通り
日常的には必要としない支出ですが

突発的に支出が必要になった時に
対応出来るお金となります。

 

これについては、
日常的に使う1つ目の生活口座とは

別で取り分けておくことをおすすめします。

 

 

また、
緊急支出と同様に5年後10年後など

長期的な視点で家計を考えてみた時に
未来/将来的に支払が生じることが確定しており
その金額がおおよそ予測出来る支出に関しては
前もって緊急支出/長期支出用銀行口座に貯金しておくことをおすすめします。

 

 

1の収入に対し
前もって決めておいた金額 or パーセンテージの貯金については

まずこの2.の緊急支出/長期支出を満たすことを優先しましょう。

 

どれくらいの金額を
この緊急支出/長期支出用口座に貯めるべきか?については
家族構成や年齢、将来設計などによって変わってくるので
いちがいには言えませんが検討もつかないような人は

ザックリ給料の2~3ヶ月分をイメージすれば良いかと思います。

 

60~100万円程度を目標に貯めてみましょう。

 

 

3.貯金用口座について

貯金用口座については
文字通り収入の一部を貯金するための口座になります。

 

まず最優先は、

2.の緊急支出/長期支出用に必要な金額を貯めることですが
それが完了した場合は3.の貯金用口座にお金を貯めていきましょう。

 

どれくらいの金額を貯金するか?についても
一概には言えませんが3.貯金と4.投資/運用とのバランスを考えていく必要があります。

 

 

例えば、

20代や30代のサラリーマンなどは
まだまだ若いので貯金と投資のバランスを
強気に組むことが出来ると思います。

 

つまり、

人的資本の価値が高いので
より投資に比重を置けるということになります。

 

特に、

独身であるのであれば

貯金20%:投資80%などでも良いのではないでしょうか?

 

 

4.資産運用用口座

現在の日本において
銀行口座における普通預金利息や定期の利息で
資産運用をしてもスズメの涙程度のお金しか貯まらないので
実質的には銀行口座ではなく証券口座などで運用していくことになります。

 

この資産運用用口座にいくら貯めておくか?という具体的な金額ではなく、
3.の貯金用口座とのバランスが重要になってきます。

 

 

もうすぐ定年を迎えるような方については、

貯金50%:資産運用50%などでも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

ということでまとめますと、

まず全ての入口として1.の生活口座が存在します。

 

そして、

1.に収入が発生した瞬間に
あらかじめ決めた金額を

目標値に準じて2.or 3. or 4.の口座に
短期支出が生じる前に振り分けることです。

 

 

 

繰り返しになりますが、

ポイントはまず先に貯蓄にお金を回す事。

そして、お金に流れを持たせて仕組み化させてしまうことでず。

 

本当の意味で自動化(無意識化)させてしまうという意味では、

財形貯蓄なども良いかもしれません。

 

 

 

それぞれの口座について
どこの銀行で口座を開設すれば良いのか?
という点については銀行毎の強み弱みもあるので
それぞれにおすすめの銀行口座についても
次の記事で具体的にシェアしていきたいと思います。

 

 

 

 

Sponsored Link

スポンサードリンク

 

 

 

ということで、
貯金 口座 やりくり
について書かせていただきました!

 

 

NEXT>>> Level.7 実践編!おすすめの銀行口座はココ!

 

 

 

節約テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る