楽天証券 口座開設 キャンペーン お得 方法

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

楽天証券【新規口座開設のお得なキャンペーンまとめ】意外な節約方法

楽天証券 口座開設 キャンペーン お得 方法

 

日本最大級のショッピングモールを運営する楽天グループ。

 

その証券部門で240万人を超える利用者を誇るのが楽天証券です。

この楽天証券ですが、楽天市場等でも使える楽天スーパーポイントをたくさん貰えたりと新規登録で様々なメリットが!

 

ということで、
楽天証券の新規口座開設で開催されているキャンペーンとお得な開設方法を見ていきましょう!

 

楽天証券の新規口座開設キャンペーンで最大46000ポイントをGETしよう!

コチラの記事でも書いていますが
楽天証券では日本国内の株式投資やFX・投信以外にも
様々な投資対象が存在します。

 

そして、
楽天証券では、
新規口座申込をされた方限定で、
口座開設キャンペーンを実施しています。

 

それぞれ一定の条件があるのですが、
なんと最大で46000ポイント受け取ることも可能です。

 

一つづつ見ていきましょう!

 

1.NISA口座

NISA口座を開設すると抽選で2000円プレゼント

つみたてNISA口座を開設すると抽選で3000円プレゼントキャンペーン実施中!

 

 

2.投資信託

約定金額の合計額に応じて最大20000ポイントプレゼント!

 

 

3.楽ラップ

楽ラップの新規申し込み金額に応じて最大20000ポイントをプレゼント!

 

 

4.信用取引

新規で信用取引を始めた方の中から抽選で1000ポイントをプレゼント!

 

 

5.FX

対象のFX取引条件をみたすことで5000ポイントプレゼント!

 

 

いずれのキャンペーンにおかれましても、

対象期間が決まっていますので詳しくは楽天証券の公式ページでご確認ください。

 

>> 楽天証券のキャンペーン情報はコチラから。

 

 

 

楽天証券の口座開設でお得なのはキャンペーンだけじゃない!

楽天証券と言えば、
取引を行うことで楽天市場などで使える楽天スーパーポイントが手に入る!など
ポイントが1つの売りではありますが、他にもオトクなポイントは複数あります。

 

まず、

最初にして最大のウリポイントは・・・

 

1.楽天銀行の普通預金金利がメガバンクの100倍になる

三菱UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行に代表されるメガバンクなどでは、
普通預金であろうと定期預金であろうと年利0.001%と非常に低いのが現状です。

 

しかし、
楽天証券の新規口座開設を行い
同時に開設することが出来る楽天銀行と連携させることで
なんと楽天銀行の普通預金金利の金利が優遇され年率0.100%とメガバンクの100倍になるのです!

 

コレは、
マネーブリッジと言われるもので、
楽天証券と楽天銀行を紐付けることで実現させることが出来ます。

 

とは言え、
楽天証券と楽天銀行を別々で申し込む必要はなく、

楽天証券の新規口座開設をする時に、【楽天銀行も同時に申し込むボタンにチェックを入れるだけ】

 

ハッキリ言って、
このメガバンクの100倍高い金利だけでも楽天証券を申し込む理由になりますよね!

 

>> 楽天証券の新規口座開設はコチラから

 

 

 

2.楽天証券の口座を開設すれば日本経済新聞が無料で読めるぞ

 

日本経済新聞とは、
ビジネスマンには必須の経済新聞と言われ、
会社に入社した新入社員も先輩社員・上司から
「まずは日経新聞を読め!」と言われたりしますよね?

 

とは言え、
日経新聞って
電子版であっても月額4200円とかします。

 

年間で考えるとザックリ5万円くらい。

新聞を読むために年間支出5万円って、ちょっと戸惑うレベルの支出ですよね。

 

ところが、
楽天証券の口座を開設すると
日本経済新聞社が提供している日経テレコンというサービスを無料で利用することができます。

 

これはつまりどういうことか?と言いますと、
【日本経済新聞(日経新聞)を無料で読むことが出来る!】ということです。

 

 

 

楽天証券の口座を開設すること自体には全く費用がかかりませんし、
口座維持手数料なども全く必要ありません。

 

つまり、

無料で銀行金利を高くして

日経新聞が読めるようになるって
加入しない理由がないと思いませんか?

 

株やFX・投信などの取引をすぐにするつもりがなかったとしても
口座開設だけでもしておくことをオススメします!!

 

>> 楽天証券の新規口座開設はコチラから(無料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天証券   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る