普通預金 金利 高い 銀行

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

普通預金の金利がビックリするほど高い銀行はココだ!

今回は、普通預金 金利 高い 銀行 について書かせていただきます。

 

普通預金 金利 高い 銀行

 

 

 

あぁ、

日本はどうなってしまうのだろうか?

 

ということで国への信頼も揺らぐ中、

今持っているお金はどうしようか迷いますよね?

 

今回は、

銀行の普通預金に預けた場合に
金利の高い銀行についてシェアしたいと思います。

 

なんやかんや言って、
銀行の普通預金であればペイオフも成立するので
安全面は高いはず!

 

【お申し込みはコチラから!】

(イオンの公式サイトに移動します)

 
イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△▲クリック▲△▲
 

 

 

メガバンクの金利の惨劇

 

現代を生きる10代や20代の若者は、

日本の銀行で普通預金の金利が1%を超える事など
想像も出来ないと思います。

 

1%を超える高い金利というのは、

はっきり言って定期預金でもほとんど存在しません。

 

 

ですが、

驚くことなかれ
ほんの30~40年程度前は
日本の銀行における普通預金も
2.0~3.0%という今では考えられないレベルの
普通預金金利レベルを誇っていたのです。

 

 

ちなみに、

1980年頃は年利2.8%程度で

1990年頃にでも年利2.0%を超えるレベルでした。

 

 

それが今やどうでしょうか?

 

3大メガバンクと呼ばれる
三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行は、
軒並み銀行の普通預金金利が年利で0.001%という壊滅的なレベルです。

 

1990年と比較すると

なんとその差は100倍以上!!!

 

 

これを実際の数字に落とし込むと、

仮に100万円を銀行の普通預金口座に預けておいた場合、、、

 

 

2017年現在は、

年間10円の利息

(シンプルにするために税金などは考慮外)

 

1990年であれば、

年間20,000円の利息(税金については上記同様)

 

 

 

いやー、

本当に大きな差です。

 

 

 

ほんの数十年前であれば、

銀行の利息だけで暮らしていた人がいたくらいですからね。

 

 

現代では、

ちょっと資産運用の観点から行くと非効率です。

 

 

 

ということで、

一昔前では考えられないような

銀行の普通預金金利が0.02%という

歴史上もかなり低い水準の金利を誇っているのが

現状なわけです。。。

 

 

 

 

【お申し込みはコチラから!】

(イオンの公式サイトに移動します)

 
イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△▲クリック▲△▲
 

 

 

普通預金金利が高い銀行はどこ?

 

ということで、

現在の日本の銀行において

銀行の普通預金金利が1%や2%を超える銀行というのは、

皆無なわけです。

 

プライベートバンクなどでは存在するのかもしれませんが、

私自身は知りませんし、耳にしたこともありません。

 

 

とは言え、

ペイオフも成立する

日本の銀行に普通預金を預けておくという
金融資産を守る1つの方法は

 

日本に住んでいる限り、

ほとんどの人が活用せざるを得ない方法ですよね?

 

 

そうなれば、

間違いなく少しでも金利の高い銀行に預けたい!というのが
すべての人の願いなはずです。

 

 

メガバンクの普通預金金利が

当たり前に年利0.001%というレベルの中で

 

比較的健闘しており、

注目を浴びているのが各種ネットバンクの存在です。

 

 

 

ネットバンクと一言で言っても、

数多くの銀行が乱立しているのですが

 

 

普通預金の金利が一番高く、

ある程度信用もおける銀行口座というのが、、、

 

 

 

イオン銀行!!!

 

 

 

ということになります。

 

 

 

イオンという単語は、

日本人であれば一度は聞いたことがあると思いますが、

ショッピングセンターなどを営んでいる
『イオン』のファイナンス部門が管理しているイオン銀行です。

 

 

 

このイオン銀行では、

ある条件をクリアすることで

通常は0.02%である普通預金金利が、

なんと現代では驚きの0.100%という高金利を実現するのです。

※年利0.02% → 0.001%に変更になりました。(2017年8月12日~)

 

 

その条件と言うのは、

イオンカードセレクトというクレジットカードを申し込むだけです。

 

 

簡単に言うと、

イオンカードセレクトというのは、

銀行のキャッシュカードと電子マネー、クレジットカードが一体化したカードで

普段イオンで買い物をする人には大変便利なカードになっているのです。

 

 

当然年会費はゼロ円なので

このイオンカードセレクトを持っていることによる

金銭的リスクは全くありません。

 

 

クレジットカードは絶対に作らん!!!

というポリシーを持っているというような方であれば別ですが、

無理にクレジットカードを利用する必要はまったくありませんので

普通預金金利を0.100%にするためだけにも

 

このイオンカードセレクトを作ってしまうことをおすすめします!

 

 

このクレカを作って(=口座開設)しまい、

口座開設したイオン銀行の普通預金にお金を預ければ

自動的に普通預金金利を0.100%にしてくれるので

 

クレジットカードとして利用せずに

単なるイオン銀行のキャッシュカードとして利用すればよいのです。

 

イオン銀行 イオンカードセレクト

【お申し込みはコチラから!】

(イオンの公式サイトに移動します)

 
イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△▲クリック▲△▲
 

 

 

ということで、

イオン銀行を賢く活用して

少しでも賢い資産運用をしていきましょう。

 

塵は積もれば山となるですよ!

 

 

 

定期預金並みの金利を叩き出すカラクリ

 

各種銀行もバカではありません。

 

メガバンクの普通預金金利が0.001%程度であることにも

それなりの理由がありますし、

 

イオン銀行が、

普通預金の金利をある一定条件の下で

0.100%にしているのにもそれなりの理由があるわけです。

 

 

なぜ、

イオン銀行が

メガバンクに比べ100倍もの金利を提供することが出来るのか?

 

 

という点を考えてみると、、、

 

 

イオン銀行も、

普通に銀行口座を開設してしまえば、

普通預金の金利は0.02%に終わってしまうのです。

 

 

それが、

イオンカードセレクト(←コチラ)から
クレジットカード一体型のキャッシュカードで

口座開設することで金利上乗せという形で

0.100%という高金利を実現することが出来るわけです。

 

 

 

違いはわかりますよね?

 

 

 

要は、

クレジットカードや電子マネー機能を自動的に付与することによって、

副次的にクレカ機能や電子マネーの利用/普及を狙っているわけです。

 

 

クレジットカードも様々な種類が乱立し、

電子マネーも多種多様なものが出現してきており、

ユーザーは単純には登録してくれなくなっているわけです。

 

 

それゆえ、

前もってユーザーにとってメリットとなる条件を提示し、

半強制的にサービスに加入させることによって

ユーザーの囲い込み合戦を優位に進めようとしているわけですね。

 

 

クレカを利用するか否かについては、

ユーザーが選べばよいのですが

 

このようなイオンサイドの意図を理解出来ていないと、

まんまと術中にはまってしまうことになるわけです。

 

 

 

もともと、

スーパーのイオンのヘビーユーザーなどであれば

利用しても全く問題ないですが

 

 

今までイオンを利用していなかったり、

イオンが家の近所にない!などという人は

無理にイオンのクレカ機能や電子マネー(WAON)機能を利用する必要はありません。

 

 

イオンにとってはメリットがありませんが、

普通預金金利の0.100%という高金利の旨みだけ享受すれば良いのです。

 

 

 

イオン銀行 イオンカードセレクト

【お申し込みはコチラから!】

(イオンの公式サイトに移動します)

 
イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△▲クリック▲△▲
 

 

 

 

ということで、
普通預金 金利 高い 銀行
について書かせていただきました!

 

 

資産は賢く運用しましょう!

 

>> イオン銀行の普通預金金利がめちゃくちゃ高い理由知ってる?

 

 

 

 

 

 

節約テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る