地震予知 早川 最新 情報

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

早川氏の最新【地震予知】情報ともっと大事な事とは?

今回は、地震予知 早川 最新 情報 について書かせていただきます。

 

地震予知 早川 最新 情報

 

 

 

2011年の東日本大地震以降、地震は活発になり、
2015年も日本全国各地で数多くの地震が発生した。

 

2016年以降も東海地震や数多くの地震予知がされているわけですが、
とりわけ多くの注目を集めているのが東京電気通信大学教授の早川正士氏と
東京大学の名誉教授 村井氏である。

 

この記事では、
早川氏最新の地震予知情報をシェアするとともに、
実は最新の地震予知情報よりも重要な情報についてシェアします。

 

 

Sponsored Links

 

早川氏の最新地震予知情報!

 

早川さんの地震予知に関しては、
2015年がどうとか2016年がどうとかの予想をするのではなく、
直近2週間前後の短いスパンでの地震予知を基本としている。

 

逆に言えば、
それくらいまで地震のサインは発生しないわけですが、

地層のひび割れから発生する電磁波の変化における異常値を把握しているのだ。

 

なので、

2020年や2023年に起こることを予言者とは完全に訳が違うわけで、

理論的証拠に基づいて検証が行われている。

 

 

そんな早川教授は、

2015年5月13日に発生した宮城県沖の大地震を見事に的中させ、

5月30日に小笠原諸島で発生したマグにチュード8.1を記録した地震の予言は、

本当に日本国民に衝撃を与えた。

 

 

 

さて、

そんな早川氏が
今最も警戒している地域を紹介しよう。

 

 

それは、、、

 

福島沖から房総沖:M5.0前後、震度4程度

駿河湾:M5.0前後、震度4程度

新潟県&岐阜県:M5.5前後、震度4程度

 

 

東日本大震災や関東大震災に比べると、

とてつもなく大きな震災とは言い難いが

要警戒となっている。

 

 

これらは、

一応2015年の9月末を想定しているが、
実際には1週間弱の数日程度のズレは生じるものであり

2015年の10月に大地震が発生する可能性もゼロではない。

 

 

 

 

Sponsored Link

Sponsored Links

 

 

 

 

最新の地震予知より大事なものとは?

 

早川さんや村井さんの地震予知情報に耳を傾けることは重要かと思います。

 

一方で、

早川教授や村井教授の情報だけを信じていればよいわけではなく

かれらの地震予言であっても外れることは多々存在します。

 

 

では、

未来が分からない時代だからこそ、

コレからの時代、本当に大事なことは何なのでしょうか?

 

 

明日の来るか来ないか分からない地震におびえる事でも、

地震対策と言って、必要以上に過剰な防災準備をすることでもなく、

本当に必要なのは金銭面での自由を作っておくことなのです。

 

仮にも、

僕やアナタが金銭的に自由な状態を既に手に入れられていれば、
日本を飛び出すことも出来るでしょう。

 

また、

そのような、いざ!という場面において、
国内であったとしても移動することが可能なわけです。

 

 

つまり、

経済的自由を最優先にすることで、

地震大国日本に住んでいたとしても
必要以上に脅える必要がなくなるのではないでしょうか?

 

 

 

さて、

安保理法案が制定され、

これからどんどん変わっていく日本。

 

経済的自由はどうやって作るのか?

コメントが多ければ稼ぎの自由を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

Sponsored Link

Sponsored Links

 

 

 

ということで、
地震予知 早川 最新 情報
について書かせていただきました!

 

 

NEXT>>> 貯金が出来る能力を持っていると、、、

 

 

 

防災   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る