子供のための貯金額 毎月 いくら 理想

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

子供のための貯金額【毎月いくらが理想なの?】に対する答え!

子供のための貯金額 毎月 いくら 理想

 

子供ができて、
幼稚園に進学、そして小学校、中学校、高校とあっという間に大きくなる。

 

教育資金として子供のための貯金額は毎月いくらくらいが理想なのでしょうか?

お金持ちと比較しても意味がありませんから、一般的な家庭における貯金額の理想を検討していきたいと思います。

 

 

 

子供のための貯金額における理想額は家庭それぞれ?

「よし!子供の将来のために貯金をするぞ!」と意気込んでも
いざ貯金を始めようとすると、そんな貯蓄をする余裕が一切なし!という状況や
そもそも毎月どれくらい貯金したらいいんだろう?と疑問に思ったりしますよね。

 

結論から言ってしまいますが
子供のための教育資金はどれくらいが理想か?という疑問に対する答えは、
【家庭によってそれぞれ異なってくる!】というのが帰結になります。

 

 

頭絵ですけど、
幼稚園から私立だったりインターナショナルスクール、ボーディングスクールに通わせたい!と思っているのであれば
毎月いくら貯金すればいいの?などと疑問を持っている時点で怪しくなってしまいます。

 

一方で、
幼稚園から高校までは一般的な公立高校に通わせて
大学には進学させない!ということであれば、正直ほとんど貯金なんぞ無くてもなんとかなります。

 

 

つまり、
ご両親がお子さんのために
どこを目指して貯金を始めるのか?という最初に想定するゴールが一番大事なのです。

 

 

その上で、
子供が私立の大学に進学するのであれば
文系であってもザックリ1000万円程度は貯金が必要と言われます。。

 

また、
理系であれば1500万円から2000万円程度必要と言われます。

 

更に、
医学部や歯学部の場合は、
より高額な学費が必要になってくると言われます。

 

 

とは言え、
親が子供に期待する将来と
子供が将来的に臨む進路が異なる可能性もあります。

 

 

そういう意味でも、
1円でも多くの貯金が必要!と考えるわけですね。

 

そういう意味では、
多くの貯金をしておいてあげよう!と思う親心は健全なわけです。

 

 

理想的な貯金計画はコレ?

では、
どれくらい貯金しておくのが理想なのでしょうか?

 

理想だけを突き進めば
毎月1億円でも2億円でも貯金できれば最高ですが
そんな貯金は日本の一般的な家庭においては不可能です。

 

 

年収300万円から500万円と言われるサラリーマン家庭という
現実に即した状況で考えてみましょう。

 

 

年収300万円から500万円という金額は
月収になおすと30万円から40万円程度になります。

 

手取り金額で言うと
20万円から30万円程度でしょう。

 

そこから、
家賃、光熱費、食費、通信費、交際費・・・などを差し引いていくと、
1円も貯金が出来ない!!!というのがよくあるパターンです。

 

ですので、
家賃や食費、交際費を払う前に、
毎月教育のための貯金額を引き出してしまうことをおすすめします。

 

【毎月手取り金額の10%を先に貯金しておく。】などとルールを決めておくのです。

 

つまり、
手取り20万円の人であれば、
毎月給料が振り込まれたら、最初に2万円を教育貯金として引き出します。

 

これを毎月続けて行くと、
1年間で24万円貯まります。

 

5年で120万円です。

 

更に、
今は児童手当という給付金制度がありますので、
一人っ子家庭であっても総額150万円〜200万円程度児童手当を受け取ることが出来ます。

 

 

つまり、
これを子供が0歳の時から続けると、
高校進学前(16歳になるときに)には・・・

 

10%拠出による貯金額:2万円/月×12ヶ月/年×16年=384万円

児童手当の総額:約200万円

 

これだけでも、
総額600万円近く貯金することが出来るのです。

 

 

これであれば、
そこまで家庭支出を逼迫すること無く
子供のための貯金額を増やしていくことが出来ると思いませんか?

 

 

ここで
もう1つ良い情報をシェアしたいと思います。

 

それは、
子供のための教育資金を貯めておく銀行口座についての情報です。

 

 

子供のための教育資金を貯めておく口座を別で開設しておこう!

まず間違いなく言えることは、
子供のための教育資金を貯めておく銀行口座と
普段の生活費を入出金している銀行口座は絶対に別にしておくべき。ということです。

 

その上で、
子供のための驚異費用を貯めておく銀行口座はどこが良いのでしょうか?

 

出来ることならば、
1円でも多く利息がつく高金利の銀行が良いですよね?

 

でも今の時代、
どこの金融機関であっても利率が低すぎ・・・と思いませんか?

 

確かに、
三井住友銀行やみずほ銀行などに代表されるメガバンクや
ゆうちょ銀行、りそな銀行などの大手銀行では当たり前のように年利0.001%というあり得ないくらい低い利率ですが
実は日本にも相当おすすめな高金利銀行が存在するんです!!!

 

 

それはどこの銀行?!と思われたかと思いますが、
ココでも結論から言ってしまうと【イオン銀行】ということになります。

 

ただし、
普通にイオン銀行の口座開設をするだけだと
私の方でおすすめしているほどの高金利が得られなくなります。

 

 

イオン銀行で
普通に公式ページにいって新規の口座開設を申込むと
普通預金の預金金利は年利で0.02%となります。

 

※年利0.02% → 0.001%に変更になりました。(2017年8月12日~)

 

0.02%という数字も、
メガバンクに比べれば20倍高いので
それだけでも銀行口座を変える理由にはなるのですが
0.02%に満足せずに0.100%という超高金利を得たいと思いませんか?

 

どうせなら、
少しでも高い金利が良いですよね?

 

 

約600万円を0.100%という金利で預ければ
税金を抜きにして考えると勝手に6000円もの利息がつきます。

 

仮にメガバンクの0.001%という利率で考えれば、
利息はたったの60円ですから、その差は歴然ですよね!!!

 

では、
イオン銀行で0.100%という金利を得るためにはどうすれば良いのか?と言いますと、
イオンカードセレクトというイオンが発行する無料のクレジットカードを作るだけなのです!!

 

イオンカードセレクトというのは、
イオンが発行する無料のクレカで
イオンの電子マネー機能WAONと
クレジットカード機能とイオン銀行のキャッシュカード機能という
3つの機能が1枚のカードに一体化された非常に便利なカードなのです。

 

とは言え、
普段イオングループを利用されない方にとっては
WAONもクレジット機能も必要無いのですが・・・と思われるかもしれませんが
別にクレジット機能を絶対に利用しなければいけない!などということは無いのです。

 

無料のクレカですから、
3つの機能のうち、自分が利用する機能だけのために
このカードを作る!というのも全く問題ありません。

 

さぁ、
子供の教育資金を1円でも多く増やすために
イオンカードセレクトを申し込んでガンガン貯金を増やしましょう。

 

メガバンクで貯金をしている人は今すぐ乗り換えましょう!

 

【お申し込みはコチラから!】

(イオンの公式サイトに移動します)

 
イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△▲クリック▲△▲
 

 

イオンカードセレクト
公式サイトはコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>> 貯金を増やすには【おすすめの銀行口座とは?】
>> 児童手当【年間いくら貰えるの?】児童手当が入る月や日にちも紹介!

 

 

 

 

 

 

 

子供の学費/教育資金   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る