国民年金 支給額 減額 支払 コンビニ

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

国民年金の支給額が減額されても得するコンビニ支払以外の方法

今回は、国民年金 支給額 減額 支払 コンビニ について書かせていただきます。

 

国民年金 支給額 減額 支払 コンビニ

 

 

 

「国民年金の支給額が将来どうなるかわからない。。。」

 

そんな世の中の中で

国民年金の支払いをするかどうか迷われている人も多いですよね?

 

まぁ支給額が減額になるのか消滅するのか?未来については不透明ですが
日本国に生きるのであれば税金感覚で納めていく必要があるのかもしれません。

 

国民年金の支払いはコンビニでも出来ます。

この記事では国民年金を合法的に減額出来る方法をシェアします。

 

 

Sponsored Links

 

国民年金は前納で合法的に減額出来る!

 

平成27年分の国民年金は、
年収がいくらか?に関わらず
月額15,590円と決まっています。

 

そして、
2016年に月額16,380円

2017年に月額16,900円

 

その後は、

月額16,900円で固定。。。

 

 

今のところ言われていますが、

本当のところは変動もあり未来は不透明なのです。

 

 

2015年と2017年以降を比較すると、

月額ベースで約1300円も値上がりし

年額に換算すると約15000円の値上がりです。

 

つまり、

約1ヶ月分の増額になってしまうわけです。

 

 

 

これは、

ただでさえ税金が高くなる中で、
将来本当に貰えるか分からない年金まで高くなるわけですから
どうにかしなければいけませんね。

 

 

そんな国民の気持ちを知ってか知らずか
国民年金機構は絶妙な制度を用意しているのです。

 

まぁ、
国も国民年金の納税率の低さに対策を打たなければいけない立場なのかもしれませんが、、、

 

 

 

では、

どのように国民年金の支払額を減らすのか?

しかも合法的に。。。

 

 

それは、、、

 

【国民年金の前納】という制度を利用することです。

 

 

前納の制度について詳しく説明していきましょう。

 

 

 

 

Sponsored Links

 

 

金額的に一番お得な前納方法と私のおすすめ納付方法

 

国民年金の金額を
合法的に減額する方法として、

【前納】という方法があることをシェアしました。

 

 

もう少し詳しく説明すると、

前納にも複数のパターンが存在しています。

 

 

  • 2年前納(口座振替)
  • 1年前納(口座振替)
  • 6ヶ月前前納(口座振替)
  • 当月前振替(口座振替)
  • 1年前納(現金払い)
  • 6ヶ月前前納(現金払い)
  • 任意月前納(現金払い)

 

 

簡単に説明すると、

未来の国民年金を先払いしますので

それに見合った分を減額しますよ!という制度です。

 

国としては

年金の未納者が多いので1人でも多くの人に支払って欲しいという思いもあると思うのですが
それと同時に年金の資金繰りが大変だという一面もあるのかと思います。

 

 

今後は、

国民年金の年額が変動するので

細かい数字は省略しますが

 

2年前納(口座振替)にすると

2年間でザックリ15000円程度のお得になります。

 

1年前納(口座振替)の場合は

1年間でザックリ4000円程度です。

 

6ヶ月前納(口座振替)の場合は

6ヶ月でザックリ1000円程度です。

 

 

また、

現金払いでの1年前納の場合、

ザックリ3000円程度のお得になります。

 

 

金額的に一番お得(=節約)になる国民年金の支払い方法は

今のところ『口座振替による2年分の前納』だと言えるのですが、

 

私のおすすめ方法は、

クレジット払いによる1年分の前納です。

 

理由については、

次の章で詳しく述べる控除も含まれてきます。

 

 

 

社会保険料控除まで考えるとお得なケースは?

一番お得に国民年金を支払うケースは

どれですか?という質問に対しては

ケースバイケースとしか言えない!!!

 

というのが結論になります。

 

 

というのも、
国民年金の支払い総額ももちろん重要なのですが、
国民年金の支払い額はそれがそのまま全額社会保険料控除になるので

この社会保険料の控除まで含めてベストを考えていく必要があります。

 

 

例えば、

口座振替による2年前納が納める金額としては
一番ベストになるのでそれにしよう!と2年分前納したとしても

2年分の国民年金額約40万円が社会保険料控除として適用されるのは

納めた年だけになります。

 

つまり、

2015年に2年前納した場合、

社会保険料控除として適用出来るのは2015年だけになります。

 

2016年は

国民年金による社会保険料控除枠はゼロになり
より多くの税金を支払わなければならなくなってしまうのです。

 

そうなると

トータルで見た時に支払がマイナスになる可能性があるわけです。

 

 

説明がイマイチわからない人は
メールなりコメントで質問していただければと思います。

 

 

ということで、

事業が安定しているのか?

それともコレから右肩上がりで上がっていくのか?

右肩下がりなのか?など個人個人の状況によって変わってくるわけです。

 

 

 

その中で、

私の方で一番おすすめしている方法は、

クレジットカードを利用した1年前納になります。

 

というのも、

↓ コレ ↓のような高還元率カードを利用した場合、
支払額だけをみても2年前納口座振替に匹敵するお得感を出せるわけです。

 

リクルートカード

 

 

例えば、
このリクルートカードプラスの場合

業界も騒然の2.0%の高還元を実現しています。

 

 

ザックリと、
1年で200000万円の国民年金を支払う場合、

まず1年前納ということで約3000円の割引になります。

 

プラスして、

クレジットカード払いで2.0%のポイントが付き

約4000円分をポイント還元することが出来ます。

 

よって、
年間でざっくり7000円お得にすることが出来るわけです。

2年間換算で約14000円になるので2年前納口座振替と大差ありません。

 

 

また、

社会保険料控除という点でも

1年払いになるので毎年約20万円分の控除が適用出来るわけです。

 

 

 

ということで、

あくまでも個人の状況によって
ケースバイケースになりますが

 

 

国民年金の支払いに余裕があり

事業も安定している人であれば
リクルートカード

 

 

↑ このカードのような高還元率カードを利用して
1年前払いすることでお得感を最大限に活用してみるのも良いかもしれません。

 

個人的には

コンビニなどで現金払いしている場合

クレジットカードの利用だけでも取り入れてみることをおすすめします。

 

 

 

Sponsored Links

 

 

 

ということで、
国民年金 支給額 減額 支払 コンビニ
について書かせていただきました!

 

 

NEXT>>> Level.10 1250%の利回りもあり得る驚きの年金制度を利用しよう!

 

【お申し込みはコチラから!】

(イオンの公式サイトに移動します)

 
イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△▲クリック▲△▲
 

 

 

 

 

節約テクニック   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る