主夫 超節約 レシピ 家族 食費 料理

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

セブンカードプラス【Web限定申し込みで◯◯ポイントGET!!】お得な方法!!

セブンカードプラス 申し込み 方法 お得

 

セブンイレブンやイトーヨーカドーで貯めることができる
nanacoポイントのポイントカード。

 

その中でもクレジットカードも一体となった「セブンカードプラス」
このセブンプラスカードの申し込み方法や、
更にお得
なポイントをゲットする方法をこっそりご紹介したいと思います。

 

 

セブンカードプラスってどんなカード!?

 

まずは、「セブンカードプラス」のご紹介から。

 

「セブンカードプラス」とは、クレジットカードで、

全国のVISAやJCBの加盟店で使用することができます。

 

クレジットカード払いでクレジットブランド限定のポイントではなく、

nanacoポイントをためることができます。

 

もちろん、公共料金の引き落としに指定することも可能です!

 

 

また、セブンイレブンやイトーヨーカドー、

そごうなど、セブンアンドアイホールディンググループで使うことで

nanacoポイントを使うことも貯めることもできます。

 

 

 

知らなきゃ損【お得に申し込みする方法とは?】

 

イトーヨーカドーなどで、

よく、店頭で入会の勧誘をされることってありますよね?

 

「このカード、一枚持っておくとお買い物も便利になってお得ですよ」などと、

テーブルと椅子の設置している一角へ案内されます。

 

 

そのように声をかけているカードと、

今回ご紹介しているカードは、同じものです。

 

 

ただし、店頭での入会には無いサービスがあります!!!

 

 

それは、

「オンライン入会限定」特典。

 

つまり、スマホやパソコンを使って、

インターネットでカードを作ることで、

店頭ではもらえない特典をもらうことができてしまうんです!!!

(これ、結構知らない人も多いんですよ!)

 

 

店頭で、「お得ですよー」と声をかけられて、

気になっているあなた、

店頭で入会しなくて正解です。

 

申し込む場合は、インターネットを使って申し込んでくださいね。

 

 

  >> セブンカード・プラスの申し込み先はコチラ  

 

 

Web限定特典!!最大2000ポイントGET!!

 

では、オンラインで入会した場合、

何がそんなにお得なのか?をご説明いたします。

 

ズバリ、なんと!

最大2000nanacoポイント(2000円相当)もゲットできてしまうんです!

 

これってすごくないですか?

最大2000ポイントをゲットするには4つの方法があります。

 

 

1.オンライン入会で500ポイントゲット

 

これは、先ほどパソコンかスマホで入会してください、

と言いましたが、そうするだけで全員ゲットできます!!

 

 

2.JCBブランド指定で500ポイントゲット

 

これは、クレジットカードの使用の際、

クレジットカードブランドがいくつかありますが、

セブンカードプラスには、JCBとVISA、の2つのブランドが用意されています。

 

このうちJCBのクレジットブランドを指定することで
500ポイントゲットとなります。

 

基本的には、カード利用できるお店であれば、

たいていこの2ブランドとも利用できるので、

JCBを選んだからといってデメリットになることはないと思います!

 

 

3.お支払い口座をセブン銀行に指定で500ポイントゲット

 

クレジットカードを作る際、

利用額を引き落とす銀行口座を指定しなければいけませんが、

その銀行をセブン銀行に指定すると、また500ポイントゲットできます。

 

 

4.入会時に「支払い名人」に登録で500ポイントゲット

 

クレジットカードの引き落とし方法として

「支払い名人」という自分で決定した限度額を超えた場合、翌月に繰り越す!

という支払方法があります。

 

それに登録することでさらに500ポイントゲットできます。

 

 

入会時にこの4つをすべて登録するだけで、

2000円相当もポイントがもらえるなんて、うれしいですね!

 

 

 

  >> セブンカード・プラスの申し込み先はコチラ  

 

 

いつまで続くかは発表されていないこのキャンペーン!

終わってしまう前に、お得にポイントゲットしてくださいね!

 

 

 

 

 

セブン&アイグループ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る