主夫 超節約 レシピ 家族 食費 料理

主夫の超節約レシピで家族の食事を3万円で作るサイト

イオンカードセレクト【複雑なWAONポイント制度まとめ】WAONチャージのポイントは?

普段イオンでお買い物をするお母様なら
必ず持っておきたいお得なカードがイオンカードクレジットです。

 

とは言え、
イオンは最近色々なポイントがあって意味が良くわからない!!!という方も多いのでは?

 

ということで今回は、
イオンカードセレクトを持っていない人でも持っている人も
イマイチわかりにくいWAONチャージやWAONポイント
などを出来るだけ分かりやすく解説していきます。

 

 

 

イオンカードの種類は?

まずは、
イオンの複雑なポイントを整理する前に、
イオンカードの種類について整理しておきましょう。

 

と言いたいところですが、
イオンカードの種類はたくさんありすぎて
1枚ずつ詳細を紹介するのはあまり意味がありませんので

おすすめできるカードについて深掘りするということで、

全種類については名前だけ一覧にしたいと思います。

 

ちなみに、

全部で53種類あるようなので

めんどくさい人や時間がない人は
ポイントの種類の説明まで飛ばしちゃって下さい。

 

 

  1. イオンカードセレクト
  2. イオンカードセレクト(ディズニーデザイン)
  3. イオンカード(WAON一体型)
  4. イオンカード(WAON一体型)(ディズニーデザイン)
  5. イオンカード(G・Gマーク付)
  6. イオンカード(G・Gマーク付)(ディズニーデザイン)
  7. イオンカード
  8. イオンJMBカード(JMB WAON一体型)
  9. イオンJMBカード(JMB WAON一体型)(G・Gマーク付)
  10. イオンSuicaカード
  11. イオンカードKitaca
  12. イオンSUGOCAカード
  13. JQ SUGOCA
  14. JMB JQ SUGOCA
  15. ベネッセイオンカード(WAON一体型)
  16. イオン E-NEXCO passカード(WAON一体型)
  17. イオン首都高カード(WAON一体型)
  18. イオン NEXCO中日本カード(WAON一体型)
  19. イオン THRU WAYカード(WAON一体型)
  20. イオンETCカード
  21. コスモ・ザ・カード・オーパス
  22. コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」
  23. 三菱商事石油・イオンカード
  24. イオンデビットカード
  25. イオン銀行キャッシュ+デビット
  26. より、そう、ちから。東北電力カード(WAON一体型)
  27. スポーツオーソリティカード
  28. KASUMIカード
  29. サンエックスカード(リラックマ)
  30. トイザらス・カード
  31. ベビーザらス・カード
  32. ワタミふれあいカード
  33. やまやカード
  34. シマムラ ミュージックカード
  35. KNTカード
  36. ツルハドラッグカード
  37. ホーマックカード
  38. メイクマンカード
  39. KOBE SANNOMIYAカード
  40. 京都ファミリーカード
  41. ナンバカード
  42. 日本点字図書館カード
  43. イオンスマートペイカード(リボ専用カード)
  44. イオンサンデーカード
  45. イオンsaQwaカード
  46. 荘内イオンカード
  47. とりぎんイオンカード
  48. 福銀イオンカード
  49. 三重銀イオンカード
  50. WAONカードプラス
  51. スポーツオーソリティ WAONカードプラス
  52. プラスEXカード
  53. イオンゴールドカード

 

 

この後オススメのカードを紹介していきますが、
あまりにもマイナーなカードは使わないことをおすすめします。

 

折角カードを作ったのに、
サービスが微妙なことが多いですし、

そもそもそのカード自体がなくなってしまう可能性もあります。

 

 

イオンカード周りのポイントの種類は?

イオンカードには53もの種類があるとお伝えしましたが、
複雑なのはカードの種類だけではなくポイント周りも非常にわかりにくいです。

 

例えばですが、
【WAONPOINT】と【WAONポイント】は別物です。

 

 

ということで、
まずはポイントの種類をお伝えします。

 

  1. WAON(電子マネー)
  2. 電子マネーWAONポイント
  3. ときめきポイント
  4. ネットWAONポイント
  5. WAONPOINT

 

 

基本的には、
イオンを利用するにあたって
出て来るポイントは上記5つが基本なのですが
非常にややこしく感じますよね。

 

その要因の1つとして、
【WAON】というワードが随所に出てくる点が挙げられます。

 

 

5つのポイントをどうやってWAON(電子マネー)に交換するの?

先程紹介した5つのポイントですが、
最終的にお買い物のお会計などで支払に利用できるのは【WAON(電子マネー)】だけです。

 

つまり、
その他のポイント(ときめきポイントなど)は、
そのポイントのままですと、買い物の支払で何もすることが出来ません。(ネットでポイントを商品に交換したりはできます)

 

ではどうやって、
イオンでの買い物で利用できるWAON(電子マネー)に変えるのでしょうか?

また、それぞれのポイントはどうやったら手に入るのでしょうか?

 

1.WAON(電子マネー)

これは、
先程から説明していますように、
最終的にイオンでの買い物で支払い時に利用できるポイントです。

 

イオンでの買い物の支払でポイントを使いたいのであれば、

すべてのこのWAON(電子マネー)に集約する必要があります。

 

 

2.電子マネーWAONポイント

では次に、
電子マネーWAONポイントはどうでしょうか?

 

コチラは、
イオン店舗等で
WAONで支払いした時に受け取れるポイントです。

 

WAON(ワオン)で支払った額200円(税込み)につき、
1電子マネーWAONポイントが貰えます。

 

他にも、
イオンカードセレクトで
WAONのオートチャージを設定しておくと
チャージ額200円につき1電子マネーWAONポイントが受け取れます。

 

 

ただし、
この電子マネーWAONポイントは、
そのままでは利用できないのでWAON(電子マネー)に交換するために、
イオン店舗等に備えられているWAONステーションでの交換手続きが必要になります。

 

3.ときめきポイント

続いて、
ときめきポイント。

 

コチラは、
基本的にイオンのクレジットカードで支払をした時に
支払額200円(税込み)につき1ポイント受け取ることができます。

 

では、
この『ときめきポイント』をどうしたら支払に利用できるWAONに交換できるか?と言いますと、
【ときめきポイント → 電子マネーWAONポイント → WAON(電子マネー)】という2段階のステップを踏む必要があります。

 

少し面倒ですね。

 

 

4.ネットWAONポイント

『ネットWAONポイント』は、
イオンスクエアのネットショップで買い物をすると
支払額200円につき1ポイント受け取れます。

 

こちらのネットWAONポイントも

イオンのお店で使う場合は、WAON(電子マネー)に交換する必要があります。

 

【ネットWAONポイント → 電子マネーWAONポイント → WAON(電子マネー)】

 

 

5.WAONPOINT

一番最近登場したのが、この『WAONPOINT』

 

WAONPOINTが他と違う最大のポイントは、
現金払いの場合も受け取れるポイントである点でしょう。

 

現金で支払う場合出会っても、
WAONPOINTカード等を提示することによって
支払200円につき1ポイント受け取ることができます。

 

また、

WAONカードのWAONに(電子マネー)で支払った場合でも、

200円につき1WAON(電子マネー)が通常通り貰えるだけではなく

月間累積額500円につき、1WAONPOINTが受け取れます。

 

 

 

ということで、
このポイント制度の1つ1つを覚えようとすると
面倒で大変なのですが、ハッキリ言ってイオンを利用するにあたって
上記ポイントの詳細をそれぞれ覚えておく必要なんてありません。

 

必要なのは、
よりお得になるカードを利用して買い物をすることと、
定期的にWAONステーション端末でそれぞれのポイントをWAONに交換することだけです。

 

 

最もおすすめなのはイオンカードセレクト!その理由とは?

では、
数あるイオンカードの中でも、
もっともお得なクレジットカードはどれになるのでしょうか?

 

もう結論を言ってしまっていますが、
結論としてはイオンカードセレクトというクレジットカードになります。

 

 

では、
なぜイオンカードセレクトなのか?という点を説明したいと思います。

 

色々と挙げればあるのですが、
最大の理由としては特典としてついてくるイオン銀行の普通預金金利が超高い!ということです。

 

イオンカードセレクトを申込むと、
自動的にイオン銀行の口座が開設されるのですが、
このイオンカードセレクト経由で開設されたイオン銀行の口座は
なんと特別に超優遇レートで利用することが出来ます。

 

そのレートというのが驚きなのですが、
普通預金金利で年利0.120%という超高金利になります。

 

 

ピンと来ない人もいるかもしれませんが、

三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、ゆうちょ銀行などのメガバンクなどでは、
普通預金の金利が年利0.001%という時代ですから、簡単に言えばメガバンクの120倍です。

 

 

コレだけでも、
今すぐアナタにもイオンカードセレクトを申し込んで貰いたいと思うのですが、
後もう1つ紹介しておきたいおすすめポイントがあります。

 

それは、

イオンゴールドカードという
いわゆる【ゴールドカード】を無料で持てる!ということです。

 

ゴールドカードというと、
一般的には年会費3万円!とか5万円!という高額なお金を支払って手に入れるものですが、
このイオンカードのゴールドカードはなんと年会費も入会費も全くもって無料です!

 

つまり、

1円も支払わずにゴールドカードにすることができます。

 

ただし、
誰でもイオンゴールドカードを手に入れることができるわけではなく、

ある一定の条件を満たしたユーザーだけにイオンから招待状が届く!というインビテーション制をとっています。

 

今現在一番確実なゴールドカード取得方法は、
イオンカードセレクトを申し込み、そのカードを利用して
1年間で100万円以上クレジットカード払いでの買い物をすることです。

 

100万円と聞くと高額なような気がしますが、
月間に割り戻すと月に9万円も利用する必要がありません。

 

無事にゴールドカードを手に入れると、

イオンモールにあるラウンジで優雅な時間を過ごせる他、

羽田空港のラウンジも無料で利用することができますので、

いますぐ無料のイオンカードセレクトを申し込みましょう。

【お申し込みはコチラから!】

(イオンの公式サイトに移動します)

 
イオン銀行の口座開設はココがお得!
▲△▲クリック▲△▲
 
イオンカードセレクト
公式サイトはコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

 

>> イオンカードセレクト【Web申し込み限定のキャンペーン詳細はコレ!】

 

 

 

 

 

 

 

イオンカード   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る